持続可能性への影響力の高さでイギリス3位

Times Higher Education Impact Ranking で英国3位・世界11位の評価を受けました!

2020. 04. 24

 

 

Times Higher Education Impact Ranking は、不平等の削減や災害に強い街づくりからグリーン購入まで、国連の掲げる17つの Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)に与える各大学の影響力を図っています。

 

リーズ大学は、同じく英国のニューカッスル大学と共同で、全世界の766つの教育機関の中で11位、英国内では3位となりました。

 

本ランキングへの参加は今年が初めてですが、持続可能な将来の実現のための、大学全体の様々な取り組みへの評価が反映された結果となりました。特に、Partnerships for the Goals、Reducing Inequalities、Climate Action、Sustainable Cities and Communities といった項目で高い評価を受けました。

 

リーズ大学では、Global Challenges Research Fund や Newton Fund を通じて気候変動、災害対策、持続可能な農業、大気汚染と環境悪化、安全な水の供給、健康状態の改善など、70以上のプロジェクトをサポートしています。

また、カリキュラムやオペレーションのすべてを持続可能なものとすることを目標とし、地域やキャンパスレベルでも、様々な団体との協力を通じて持続可能性の実現へ取り組んでいます。

 

リーズ大学の具体的な取り組みについてより詳しくは、こちらよりご確認ください。

TOP