リーズ大学 英語教授法(TESOL)体験レクチャー

イベント名
リーズ大学 英語教授法(TESOL)体験レクチャー
日程
2019年7月2日(火) 19:30-21:00
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Dr Laura Grassick, Teaching Fellow in TESOL, School of Education
内容

School of Education から教員が来日し、TESOL(英語教授法)に関する体験レクチャーを、東京にて行います。大阪の方も、ビデオ会議システムを通じてご参加いただけます。

 

教育学や、英語教授法に興味のある方は勿論、そうでない方も、大学・大学院での実際の授業のイメージを掴んでいただけますので、是非ご参加ください。


レクチャータイトル
Developing young learners' language skills through the use of stories

 
子どもたちが英語学習を始める年齢は、全世界的に年々引き下げられており、これは中等学校レベルでの義務的な英語教育への足がかりとみなされています。子どもたちは、将来の学校教育に備え、英語でのコミュニケーション能力を伸ばすのと同様に、認知能力とリテラシーを身に付ける必要があります。読解や作文を含む物語を用いた教育は、子どもに適したかたちで、モチベーションを保ちながら、これらのスキルを強化する方法の1つです(Ghosn, 2002; Bland, 2013)。

 

このレクチャーでは、初等教育において、英語教員が物語をどのように使用しているのか、教員と学生にとっての利点と課題も取り上げながらお話しします。グループ・ディスカッションや、実際の物語や絵本のレビューの時間も取り入れる予定です。


担当講師

Dr Laura Grassick

Teaching Fellow in TESOL, School of Education

▶詳しいプロファイルはこちらよりご確認いただけます

こんな方におすすめ

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 教育学・英語教授法(TESOL)の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方


★同日、担当官による個別相談会も行います。
リーズ大学 英語教授法(TESOL)個別相談会

お問合せ
電話(東京:03-5367-3315/大阪:06-6371-1116)またはweb
TOP