【注目】<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(政治学:リーズ大学)

イベント名
<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)
日程
2019年10月18日(金) 19:30-21:00
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Dr Adam Tyson, School of Politics and International Studies
内容

School of Politics and International Studies から教員が来日し、環境ガバナンスとサステナビリティに関する体験レクチャーを、東京にて行います。大阪と福岡の方も、ビデオ会議システムを通じて参加いただけます。

 

政治学や開発学、国際関係論、環境学に興味のある方は勿論、そうでない方も、大学・大学院での実際の授業のイメージを掴んでいただけますので、是非ご参加ください。


レクチャータイトル
Environmental Governance and the Politics of Sustainability

 
このレクチャーではパーム油産業に焦点をあて、環境ガバナンスについて考察します。世界最大のパーム原油生産国であるインドネシアを具体例に、サプライチェーンやバリューチェーンの分析にも触れつつ、環境保全と経済成長の両立の難しさや、グローバルに展開する民間企業への国の対応についても考察します。

 

アドボカシーグループの活動により消費者の環境保全への意識が高まり、国家のサステナビリティの実践が疑問視される中、グローバル企業は、環境ガバナンスを国家の枠組みを超えたものにしようとしています。一方、パーム油産業を牛耳る国内の貿易機構や企業は、今まで享受してきた権益が損なわれることを憂慮し、反発しています。今回のレクチャーでは、環境ガバナンスと、サステナビリティをとりまく政治について議論します。


担当講師


Dr Adam Tyson

Associate Professor of Southeast Asian Politics, School of Politics and International Studies

リーズ大学東南アジア政治学准教授。東南アジアおよび中国現代政治の専門家で、エリア・スタディーズやその他の専門ジャーナルにおいて多数の学術論文を発表しています。 また現在、環境と林業に関するイギリス学士院(British Academy)の3年間の研究プロジェクトを牽引しています。

詳しいプロファイルはこちらより確認いただけます。

こんな方におすすめ

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 政治学・開発学・国際関係学・環境学・その他社会科学に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方
お問合せ
電話(東京:03-5367-3315/大阪:06-6371-1116/福岡:092-477-1866)またはweb
参加方法

TOP