【注目】大学・大学院留学 体験レクチャー(政治・国際関係学:リーズ大学)

イベント名
大学・大学院留学 体験レクチャー(政治・国際関係学:リーズ大学)
日程
2020年3月27日(金) 19:30-21:00
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Prof Simon Lightfoot, School of Politics and International Studies
内容

School of Politics and International Studies から教員が来日し、開発援助に関する体験レクチャーを、東京にて行います。大阪と福岡の方も、ビデオ会議システムを通じてご参加いただけます。

 

政治・国際関係学・開発学にご興味のある方は勿論、そうでない方も、大学・大学院での実際の授業のイメージを掴んでいただけますので、是非ご参加ください。


レクチャータイトル

The UK as a development aid actor post Brexit

 
The UK is the world’s third largest donor country, spending over £14.5 billion in development aid in 2018. This lecture explores where the UK spends this money and for what purpose. Is aid used just to reduce poverty? What are the arguments that the UK uses it aid to promote its national interest? Given the current government’s vision of a ‘Global Britain’ how might UK aid spending be used to promote UK soft power?
The options for UK development aid policy post Brexit highlight how connected domestic politics, international relations and development are.

 

You can read more in this article by Prof Lightfoot and Dr Honeyman, both academics at the University of Leeds: ‘Does UK International Development aid benefit Britain?’

 

And discover 3 trends in UK development policy that Brexit will accelerate in this article by Prof Lightfoot.


担当講師

Prof Simon Lightfoot

Pro Dean for Student Education and Professor of Politics, School of Politics and International Studies

詳しいプロファイルはこちらよりご確認いただけます

こんな方におすすめ

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 政治・国際関係学・開発学の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方
  • お問合せ
    電話(東京:03-5367-3315/大阪:06-6371-1116/福岡:092-477-1866)またはweb
    参加方法

    TOP