【注目】<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)

イベント名
<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)
日程
2019年3月22日(金) 19:30-21:00
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Dr Seiki Tanaka, Lecturer in International Studies, School of Politics and International Affairs
内容

School of Politics and International Studies から教員が来日し、開発援助に関する体験レクチャーを、東京にて行います。大阪と福岡の方も、ビデオ会議システムを通じてご参加いただけます。

 

開発学や、国際関係論に興味のある方は勿論、そうでない方も、大学・大学院での実際の授業のイメージを掴んでいただけますので、是非ご参加ください。


レクチャータイトル
Political Economy of Aid 開発援助の政治経済

 
今日、地球上の人口の80%が1日10ドル以下の貧困の中で暮らしています。貧困は、アフリカやアジアといった大陸の人々のみならず、アメリカ合衆国のような先進諸国の人々の暮らしをも蝕んでいます。かつてビル・ゲイツが指摘したように、過去数十年の世界的な経済成長を考えれば、貧困を解決できないと考えることは誤りであり、有害であるとすら言えるかもしれません。しかしながら、50億を超える人々が貧困にあえぐ傍ら、人口のトップ1%の収入が増加しているのもまた事実なのです。また、貧困それ自体のみが問題なのではありません。貧困は単なる事象の帰結ではなく、社会不安や不況などの原因にもなるのです。

 

世界中に未だに貧しい人がいるのは何故なのか?貧困を軽減する為に我々ができることは一体何なのか?この体験レクチャーでは、政策手段としての開発援助に焦点を当て、開発援助が貧困に与える影響ー貧困を軽減することができるのか、あるいは悪化させるのか、それは何故なのかーを議論します。


Today, 80% of people around the globe live in poverty, or on less than $10 per day. Poverty has not only undermined the lives of people on continents such as Africa and Asia, but also those of people in developed countries such as the United States. It is true that Bill Gates points out that given the worldwide upward economic growth trend in the past decades, it may be a mistake or even harmful to think that the world cannot solve poverty. Yet, it is also true that more than 5 billion people are in poverty, while the top 1-percent income share has increased. Further, the trouble is not only about poverty itself, because poverty is not just an outcome, but it has also been linked to problems such as social unrest and economic downturns.

 

Why are some people still poor? What, if anything, can we do to alleviate poverty? This taster lecture focuses on foreign aid as such a policy tool and discusses whether and why it can alleviate or possibly aggravate poverty.


担当講師

Dr Seiki Tanaka

Lecturer in International Studies, School of Politics and International Studies

詳しいプロファイルはこちらよりご確認いただけます

こんな方におすすめ

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 開発学・国際関係学・政治学・比較政治学・政治経済・国際政治経済・開発経済に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方
お問合せ
電話(東京:03-5367-3315/大阪:06-6371-1116/福岡:092-477-1866)またはweb
参加方法

TOP