【オンラインイベント】Meet Leeds online in Japan(政治・国際関係学レクチャー付き)

当イベントは終了しました。リーズ大学日本事務局では、随時、個別相談会や留学セミナーを開催しています。開催予定の留学イベント一覧
イベント名
【オンラインイベント】Meet Leeds online in Japan
日程
2020年6月17日(水) 19:00-20:00(日本時間)
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
  • Ms Claire Freeston and Ms Mizuki Otsubo, International Office
  • Prof Simon Lightfoot, Professor of Politics, School of Politics and International Studies
  • Link to Leeds ambassadors
  • 内容
    日本から本学への出願を検討されている方向けのオンラインイベントです。
     
    本学職員と現役日本人留学生を交えたリーズ大学とイギリスでの学生生活についてのセミナーと、School of Politics and International Studies 政治学教授 Prof Simon Lightfoot によるアカデミックレクチャーを行います。
     
    セミナーとレクチャーの後には、教職員及び学生とのQ&Aの時間もございます。大学・大学院への出願をご検討の皆様は、是非お気軽にご参加ください。
     
     

    レクチャータイトル

    EU離脱後のイギリスの開発援助政策

    'The UK as a development aid actor post Brexit'

     
    世界第3のドナー国であるイギリスは、2018年には145億ポンド以上を開発援助に使用しました。この講義ではイギリスはどこに、どのような目的で開発援助資金を使っているのかを検討します。援助は貧困を減らすことのみを目指しているのか。そうでないとすれば、イギリスは国益を追求するため、開発援助をどう利用するのか。イギリス政府が「グローバル・ブリテン」のビジョンを掲げるなか、援助はソフト・パワーの促進の為にどのように用いられうるのか――。 
    講義では、EU離脱後のイギリス開発援助政策を通じて、国内政治と国際関係、そして開発が密に繋がっていることを浮き彫りにします。

     

    ■ 参考文献(英語)

    The UK is the world’s third largest donor country, spending over £14.5 billion in development aid in 2018. This lecture explores where the UK spends this money and for what purpose. Is aid used just to reduce poverty? What are the arguments that the UK uses it aid to promote its national interest? Given the current government’s vision of a ‘Global Britain’ how might UK aid spending be used to promote UK soft power?
    The options for UK development aid policy post Brexit highlight how connected domestic politics, international relations and development are.

     

    You can read more in this article by Prof Lightfoot and Dr Honeyman, both academics at the University of Leeds: ‘Does UK International Development aid benefit Britain?’
    And discover 3 trends in UK development policy that Brexit will accelerate in this article by Prof Lightfoot.


    担当教授

    Prof Simon Lightfoot

    Pro Dean for Student Education and Professor of Politics, School of Politics and International Studies

    詳しいプロファイルはこちらよりご確認いただけます

    TOP