BSc Food Studies and Nutrition: 林 祐子さん 1

  • 世界で最も高い評価を受けるリーズ大学の食品科学研究(RAE2008)。Food Studies and Nutritionを学ぶため、リーズ大学にファンデーション・コース(科学)から留学され、現在学部2年目に入られた林さんに、留学準備の様子から授 業の様子まで詳しくお聞きしました。

留学にいたるまでのご経歴を簡単に教えてください

都内の高校を卒業し、同年にリーズ大学に留学しました。ファンデーション・コースを経て現在学部課程でBSc Food Studies and Nutritionを学んでいます。

留学を決めたきっかけを教えてください

幼い頃に暮らしていたこともあり、イギリスに馴染みがありました。英語が好きな科目だったので、漠然と留学に憧れをもっていました。最初は日本の大学に進むつもりだったのですが、やりたいことができる大学を見つけれずにいました。そんなときに進路相談をした親戚に海外の大学は興味ないの?と言われ、海外の大学に目を向け始めました。そこで私の学びたいことができるのが、現在勉強しているFood Studies and Nutritionだったんです。幼い頃に暮らしていたこともあり、イギリスに馴染みがあったこともあると思います。

留学準備で大変だったことがあれば教えてください

VISAの申請が大変でした。書類集めや、ルール等がころころ変わっていたので、それにフォローするのに苦労しました。あと、大学との連絡も大変でした。beoを通してくれることもあったのですが、慣れない英語で大学とやりとりするのは難しかったです。

留学準備でこれはやっておけばよかったなと思うことは何ですか?

誰もが言いますが、やはり英語力をあげることです。手続き等で忙しかったのと、IELTSで目標のスコアをとれたときに、もう大丈夫だぁ~と気を抜いてしまいました。留学生活がスタートしたら、英語だけでなく、他にも磨くもの、挑戦しなければならないことが山積みなので、準備しておくことに越したことはないです。きっといくら準備しても足りないと感じると思います。

最終的にリーズ大学のコースに決めた理由を教えてください

Food Studies and Nutritionは食に関わる様々なことを広く、かつ専門的に学ぶことができるのが魅力でした。また、これを学べる学校は数少ないのですが、リーズ大学はその中でもトップクラスで研究が進んでいます。また、知り合いがこの大学で働いているので安心できるという理由もありました。


TOP