Study Abroad: 名取 拓真さん 2 本課程開始、課外活動、充実した留学生活

  • 名取 拓真さん
  • 名取 拓真さん
  • 留学分類:学部短期留学 Study Abroad
  • 専攻名: Integrated English Language and Study Abroad (英語準備コース+学部授業)
  • 留学期間:2015年4月~2016年1月
  • beoの留学サポートを利用して留学
  • リーズ大学に学部短期留学中の名取さん。国際化が進む現代社会で、就職の際の語学力を養うため、そして視野を広げるために、在学中の一橋大学を1年間休学してイギリス学部留学を決意。今回は留学から1ヶ月経った名取さんからお話を伺うことができました。

※以下は、2015年4月にお書きいただいたレポートです。

プリセッショナル・コース

緻密に練られたカリキュラムを通して、高い英語力を身に付けることができます。

4月から引き続き英語のプリセッショナル・コースに参加していました。このコースでは大学の授業の準備のためのコースで、アカデミック・イングリッシュの習得、エッセイの書き方などを重点的に学べるように設計されています。かなり練られたカリキュラムが組まれているのでそれに沿って勉強することである程度の英語力はつくと思います。しかしより高い英語レベルを望むのであればしっかり自分の中でテーマを決めて勉強するといいと思います。私はとにかくアウトプットを重視しようと心がけ、授業中に積極的に発言するようにしていました。5か月ほどの英語コースを通じて、自分が言いたいことは大抵言えるようにはなりました。

いよいよ開始!セメスター1

10月の初旬より最初の学期がスタートします。私はビジネススクールに所属し、マーケティングの授業を主に受講しています。一方でイベント・マネジメントや心理学などの授業も取っています。リーズ大学では知識の幅を広げることを目的にディスカバリー・モジュールという制度が設定されており、他学部の授業が受講しやすいカリキュラムになっていると思います。

授業の形式はレクチャー(教授による授業)に加えて、セミナー(学生同士でのディスカッション)やワークショップなどがあります。授業は一コマ50分です。授業によってはレクチャーのみの授業、ワークショップのみの授業というものもありますが、基本的にはレクチャーとセミナー(またはワークショップ)がセットになっているものが多いです。私は5つ授業を取っており、そのうちの二つがレクチャー+セミナーという形式です。

授業は少ない日で1日1コマ、多い日で3コマあり、月曜日から金曜日まで毎日学校に通っています。授業の予習復習、セミナーでのディスカッションのための事前研究などやることが多く、日々忙しいです。現在はレポートの提出時期なので、図書館に通い詰めています。

様々なケース・スタディを通して、世界のマーケティングを学んでいきます。

現在受講している授業の一つにインターナショナル・マーケティングという授業があります。この授業では、やや発展的なマーケティングの理論をレクチャーで学び、セミナーでのケース・スタディを通じて学んだ理論が実際のマーケティングにどのように生かされているのかを確認します。現在出されている課題レポートのテーマは、企業を一つ例にとり、その企業ではどのようなマーケティング戦略が採用されているのか、その戦略は理論的に正しいのか、戦略は成功しているのかを分析・評価するというものです。

課外活動

ボランティアやイベントなどに積極的に参加することは、ローカルのコミュニティに参加できる貴重な経験です。

大学内だけではなく、課外の活動を充実させようと様々なイベント等に参加しています。学外で英語をもっと話す機会を作ろうと、6月からOxfamという国際協力団体のショップで週に1度働いています。Oxfamはイギリス最大規模のNPOで、イギリスの各地に店舗を持ち、セカンドハンド・グッズの販売を通じての寄付活動を行っています。活動目的は世界の深刻な貧困問題の解決、災害を受けた国に対する支援などで、売り上げのほとんどを寄付するという形で活動しています。私は店での接客・レジ打ちなどを行っています。最初はローカルのくせの強い英語に戸惑ってばかりでした。しかし、来店するお客さんと積極的に話すようにしたところ顔なじみのお客さんも増え、最近では一人で売り場を任されるようにもなりました。イギリスはボランティア大国であり、寄付や募金の活動が根付いていること、市民の意識が高いことは非常に興味深く思います。大学以外でローカルのコミュニティに参加できる場所なので非常に貴重な経験をしていると思います。

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

(Oxfamのマネージャーと共に)

留学中、ギターを買いました。大学近くのパブのフリーセッションに参加するなど、課外活動も楽しんでいます。大学での勉強だけではなく学外の様々なイベントに積極的に参加することで生活を充実させることができると思います。

9月の中旬から10月の初旬までをフレッシャーズ・ウィークという新入生歓迎期間があります。新入生向けのオリエンテーションやソサエティの新歓イベントなど様々なことに毎日参加することができます。大学は人であふれかえっており、かなりにぎやかになります。

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

また大学が休みの間は旅行に行くといいと思います。リーズはイギリスの中心に位置しているため、アイルランド、スコットランドなどの北部にも、ロンドンなどの南部にも足を延ばしやすいです。リーズのあるヨークシャーの地域も自然が多く、かなりきれいな街が多いです。

またリーズの空港はオランダ・アムステルダムの国際空港との直行便があるためヨーロッパの国々にもアムステルダム経由で簡単に行くことができます。私はこれまでイギリス国内数か所とダブリン、バルセロナに行きました。中でもダブリンはリーズから飛行機で1時間もかからず、小さい都市ですので観光しやすい場所であると思います。

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

(スペイン旅行にて)

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

(ダブリン旅行にて)

ラグビーW杯

リーズのラグビー熱はとても高いです。

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

また、リーズにはリーズ・ユナイテッドというサッカーチームもあり、プレミア1部復帰を目指して頑張っています。どちらもスタジアムに観戦しに行きましたが、どちらのチームも地元の人から愛されており、応援にもかなり力が入っています。

学部短期留学 第2回 ~本課程開始、課外活動、充実した留学生活~ | リーズ大学

TOP