Advertising and Design 広告・デザイン

デザイン | リーズ大学

リーズ大学の広告・デザイン

MA Advertising and Design

リーズ大学School of Design(デザイン学科)ビジネススクールが共同で提供しているコースです。コース内容の半分がビジネス理論、半分が実践的なデザインのコースです。デザイン経験がある方だけでなく、様々な学生が集まっています。コースを担当する教員の中には、現在も広告の制作やブランド・アイデンティティのコンサルティングの分野で活躍しているスタッフも多くいます。

デザイン経験のある人やコピーライティングに興味のある人で、将来広告関係の仕事に就きたい方にお勧めのコースです。


MA Advertising and Marketing

広告やマーケティングには興味があるが、デザインには興味のないという方には、リーズ大学ビジネススクールのMA Advertising and Marketingがお勧めです。

School of Design 概要

リーズ大学School of Design(デザイン学科)は、新たなアイディアに出会い視野を広げるのにぴったりな学際的な環境です。ファッション・デザイン、テキスタイル・デザイン、グラフィック/コミュニケーション・デザイン、芸術とデザイン、ファッション・マーケティング、そしてマテリアル・テクノロジーといった多様なコースを提供しています。

当スクールは1874年の設立以来、テキスタイルの分野で世界屈指との名声を、確立してきました。加えて、近年はグラフィック・デザインや、ファッション・デザイン、コンテンポラリー・アート、デザインとマテリアル・テクノロジーなどの分野に注力し、発展を続けています。

デザイン、色彩、テキスタイル・マテリアルとサステイナビリティが、成長し続ける当スクールの鍵であり、近年の設備や機材への投資は、学生の成長と雇用力の向上の為の素晴らしい環境を創出しています。

この継続的な投資は、リーズ大学及び当スクールのみならず、The Worshipful Company of Clothworkers of the City of Londonからの寛大なサポートにより成り立っています。当スクールが拠点とする建造物は、the Worshipful Company of Clothworkersにより建てられました。リーズ大学のキャンパス内でも最も早い時期に建造されたもののひとつです。

School of Design 関連修士コース

TOP