秋篠宮佳子さま、英国での1年間の交換留学を修了

2018. 06. 13

 

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまが、リーズ大学での1年間の交換留学生活を終えられました。

佳子さまは、リーズ大学の Study Abroad プログラム(学部短期留学)の一員として、2017年9月にリーズにいらっしゃいましたが、今月、国際基督教大学での大学学部課程を修了される為に日本へ戻られます。

リーズ大学の Study Abroad プログラムは、世界各国の大学学部生が、英国のトップ大学で、一定期間勉強することのできるプログラムです。

交換留学生を含む Study Abroad の学生は、世界中から集まるリーズ大学の大学学部生達と共に、その分野を牽引する研究者達からの教育を受けることができます。

リーズ大学では、多岐に渡る分野での最新の研究に裏打ちされた、幅広い授業を提供しています。学生は、リーズ大学で取得した単位を、自身の大学に持ち帰ることも可能です。

また、リーズでの生活において、学術的な知識を得るだけでなく、語学スキルを向上させ、多様な文化に触れる機会にも恵まれます。

芸術の分野にご関心の深い佳子さまは、パフォーマンスデザインやステージマネジメントを含む、School of Performance and Cultural Industries(パフォーマンス・文化産業学科)の授業を履修されました。

これらの分野には、社会心理学の要素も含まれます。

Stage@Leeds は、佳子さまが勉強の為に使用された数多くの設備の一つです。コンテンポラリー・パフォーマンスの為の公共スペースとして、芸術家の養成や、新たな作品制作を支えています。

リーズ大学は、イギリスでも最大規模の Study Abroad プログラムを提供しています。

リーズ大学について

リーズ大学は、イギリストップ10大学の一つであり (Guardian University Guide 2019 / The Times and The Sunday Times Good University Guide 2018 / Times Higher Student Experience Survey 2018)、その研究と教育の質の高さは世界的にも高い評価を受けています。

最新の QS World University Ranking 2019では、世界トップ100大学にも選ばれました。

学生総数35,000人、世界150ヶ国から8,000人以上の留学生を有するリーズ大学では、文化的に多様かつ刺激的な環境下で学び、生活することができます。日本からも、毎年多くの学生が学びにきます。

リーズについて

リーズは、イギリス中部、イングランド北部のヨークシャーに位置する、活気溢れる国際都市です。ロンドンに次ぐ、イギリスの金融・ビジネスの中心地の一つとして知られています。また、文化とエンターテイメントの中心地でもあり、世界水準のアートコレクションや、複数の劇場、博物館、また、数多くのバーやレストランを有しています。

TOP