リーズ大学 国際関係・安全保障・開発学 個別相談会

イベント名
リーズ大学 国際関係・安全保障・開発学 個別相談会
日程
2018年7月29日(日) 16:00-18:00
対象
国際関係・安全保障・開発学 及びその他の分野での学部・修士留学希望者
担当官
Prof Edward Newman, School of Politics and International Studies
内容

リーズ大学 School of Politics and International Studies 安全保障学教授による20分の個別相談。当スクールへの出願や、学部・修士課程のコースの詳細、博士課程についてご質問いただけます。

国際関係学、紛争解決、安全保障学、国際開発学、テロリズム、政治学、政治経済学でのご留学をお考えの方は、ぜひお越しください。

遠方の方は、お電話やSkypeでもどうぞ。(通訳サポートあり)


【担当官】

Prof Edward Newman

Professor of International Security,

School of Politics and International Studies

2013年より現職、国際関係論のアカデミック・グループ・リーダーも務める。

東京・国連大学の Peace and Governance プログラムにおける紛争と安全保障学ダイレクター、バーミンガム大学 the Department of Political Science and International Studies の副学部長を歴任。

専門は国際安全保障学。批判的アプローチと「人間の安全保障」を含む安全保障理論、州内武力衝突、 内戦、干渉と政治的暴力、国際機関と多国間主義、紛争の起こりやすい社会と紛争後の平和構築と平和再建など。

【こんな方にオススメ】
• リーズ大学の School of Politics and International Studies(政治・国際関係学科)について詳しく知りたい。
• 英国での国際関係学、安全保障学、開発学、政治学などでの学部・修士留学を検討中。
• ご自身のバックグランドや英語力で留学できるか、相談したい。
• リーズ大学の国際関係学、安全保障学、政治学、開発学の学部及び修士コースの特徴や強みなどを知りたい。
• 同分野での博士課程進学について相談したい、など。


リーズ大学 School of Politics and International Studies

リーズ大学School of Politics and International Studiesは、最新の学術研究と、その研究が反映された教育を行う、活気溢れる学科です。所属研究者は40名以上と、同分野では、英国内でも最大規模を誇ります。

開発学で世界トップ50(QS World University Rankings 2017)また、研究の影響力の強さで英国5位の評価を受けています(Research Excellence Framework 2014)。

世界中から様々なバックグラウンドを持つ学生が集まり、学部・大学院課程ともに、多様性富み刺激的な環境を作り出しています。

お問合せ
電話(東京:03-5367-3315/大阪:06-6371-1116)※電話予約のみ
参加方法
お電話にてお問い合わせください。
TOP