資料請求・お問合せ
イベント情報
留学体験談
留学をお考えの方
教育機関・企業の方
卒業生の方 MOBILE SITE イベントやお知らせ情報を携帯でお手軽に見れます。twitterfacebook

facebook
You are here : Home > イベント情報 > リーズ大学特別公開講座「国際開発における人権」


国際開発学の研究と教育で高い評価を受けるリーズ大学が、国際開発における人権について理解を深めるための短期講座を日本で開講します。「国際関係学」、「アフリカ研究」、「国際保健学」、「障害学」、「開発と教育」という5つの分野で研究を行う講師がそれぞれの分野における人権についてレクチャーを行います。はじめの4回はビデオ・カンファレンス・システムを通じてリーズ大学から講義をライブ中継し、最後の第5回は、来日スタッフによる対面のレクチャーを東京と大阪にて行います。







こんな方に

同分野が学問的な場でどのように論じられているかを知ることで、今後のキャリア構築へのヒントを得られる有益なコースです。

コース概要

日程 【東京・大阪】2014年9月26日(金)~2014年10月24日(金)
全5回(毎週金曜日)

※全5回の講座全てに参加できない方など、単独の講義へ参加をご希望の方は、日本事務局までお問い合わせください。
時間 19:30-20:30
場所 【東京】beo東京オフィス(新宿)    【大阪】beo大阪オフィス
※第1回~第4回は、ビデオカンファレンスシステムを通じてリーズ大学から講義をライブ中継、第5回は東京にて対面講義、大阪は東京の講義をビデオカンファレンスシステムを通じて中継
講師 リーズ大学School of Politics and International StudiesNuffield Centre for International Health and Development講師
価格 【授業料】 優待価格(*1):43,200 円(税込)/一般価格:63,200 円(税込)   
【諸設備費(教材プリント代含む)】 5,000円
(*1)対象者:beoの留学サポートをお申込みの方、または、beoカレッジで一般コースを受講したことがある方
※現在、優待価格対象者でない方でも、beoの留学サポートまたは対象英語コースをお申込みいただくと、優待価格が適用されます。
受講者特典
  • 修了者にCertificate(修了証)授与
  • エッセイ提出者には講師からのフィードバックあり
受講に必要な英語力 IELTS 5.5 / TOEFL iBT 72 相当
英語力に不安がある方、英語での講義・ディスカッション・エッセイ執筆を経験したことがない方は、beoカレッジの英語コースと組み合わせていただくことも可能です。
受講上の注意 授業は全て英語で行われます。大学在学中もしくは大学卒業以上の学歴が必要です。
お支払い方法 銀行振込 (詳細は、お申込み後にご案内します)
お申込受付開始 優待価格対象者:7月25日(金)~
一般価格対象者:8月8日(金)~
お申込方法

お電話(下記)または、Webお申込みフォームから

リーズ大学 日本事務局beo(ビーイーオー)
【東京】 03-5367-3315   【大阪】 06-6371-1116
受講者得点 修了者にCertificate(修了証)授与
お申込に当たっての注意事項
  • 授業料の振込確認後に受講証をメールにて発送します。
  • 授業料の他、諸設備費(教材プリント代含む)として5,000円がかかります。詳細は授業料お支払い後、別途ご案内いたします。
  • 本コースはクーリングオフの対象にはなりません。 ※beoカレッジの英語コースと合わせてお申込みの方を除く
  • 受講者の都合による部分解約/返金はできません。但しお申込みの時点にて、何らかの事情がある場合は別途ご相談ください。
  • スケジュール・担当講師・レクチャーの内容など、すべてにおいて変更の可能性があります。
お問い合わせ 当コースについてのご質問は、リーズ大学日本事務局beo(ビーイーオー)までお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。 また、全5回の講座全てに参加できない方など、単独の講義へ参加をご希望の方は、日本事務局までお問い合わせください。


現在開講中につき、1回からの聴講については、お問い合わせください



スケジュール

日時

レクチャータイトル

担当講師

9月26日(金)
オンライン

「国際関係学」
'Addressing Serious Human Rights Abuses: Is there an International ‘Responsibility to Protect’?'

リーズ大学国際関係学について詳しくはこちら

Prof Edward Newman

10月3日(金)
オンライン

「国際保健学」
"Challenges and Responses to International Health"

リーズ大学公衆衛生について詳しくはこちら

Dr Ricky Kalliecharan

10月10日(金)
オンライン

「アフリカ研究」
‘China, human rights and development in Africa’

リーズ大学開発学について詳しくはこちら

Dr Alex Beresford

10月17日(金)
オンライン

「障害学」
 ‘Disability and Global Development’

リーズ大学障害学について詳しくはこちら

Dr Alison Sheldon

10月24日(金)
【東京のみ対面/大阪はオンライン】

「開発と教育」'Inequalities and education in development'

リーズ大学開発学について詳しくはこちら

Dr Caroline Dyer

※レクチャーの順番は変わる可能性あり


講師紹介・担当講義

第1回 「国際関係学」 9月26日(金)- オンライン


説明: http://www.polis.leeds.ac.uk/assets/images/staff/130930-newman-edward.jpg Professor Edward Newman
リーズ大学 政治・国際関係学部(POLIS)国際安全保障学の教授。人間の安全保障(Human Security)、内戦と介入、国際機関、紛争の多発する社会における平和構築と復興を専門とし、教鞭をとっている。過去に、東京の国連大学(Peace and Governance Programme)で、紛争と安全保障研究ディレクターを務めた経験を持つ。


“Addressing Serious Human Rights Abuses: Is there an International ‘Responsibility to Protect’”
Human rights abuses and human suffering in Syria, Palestine, Libya – and many other cases – raise a number of difficult questions. How should the ‘international community’ collectively, or individual states, respond to grave and widespread abuses of human rights? Should some form of force be used, across state borders, to prevent or stop widespread and terrible human suffering? Under what circumstances?  How should the norm of non-intervention be balanced against the human rights of individuals in peril? Which actors should protect humans from terrible human rights abuse when their government is unwilling or unable to do so? Under what legal, political or moral authority? And have the answers to these questions changed in recent years? In 2005 the members of the United Nations accepted the ‘Responsibility to Protect’ (R2P): a commitment to prevent or stop genocide, crimes against humanity, war crimes, and ethnic cleansing. However, the operationalization of R2P has been highly controversial. This lecture will explore debates relating to R2P and consider how the principle – and its implementation – might be strengthened in the future.

第2回 「国際保健学」 10月3日(金)- オンライン

説明:          Dr Ricky Van  Kalliecharan Dr Ricky Van Kalliecharan
リーズ大学医療科学学部講師。衛生政策・計画・管理、医療分野における財務、医療システム研究、教育能力開発の研究に携わる。カナダ、イギリス、タンザニア、中国、スーダン、インド、カリビアン諸国などの国で24年間の医療分野の経営経験を持つ。Masters in Public Health (International)やMSc International Healthのコースを担当する。

 


“Challenges and Responses to International Health”
A number of challenges exist for the health of people at an international level as well as at a national level, and these can be categorised into health or health systems challenges.  This session will outline key health challenges that are of international significance and major causes of death and disability globally, including communicable diseases (e.g. HIV, Ebola, SARS) and non-communicable diseases (e.g. heart disease, diabetes), and injuries (e.g. road traffic accidents, violence). In addition, the session will identify those health system challenges that impact on the effectiveness of health services including limited financing, and shortages in human resource availability and skills. Finally, participants would be introduced to the responses that exist at an international level, and the roles of international organisations like World Health Organisation, World Bank and Japan International Corporation Agency play in addressing these challenges.

第3回 「アフリカ研究」 10月10日(金)- オンライン

説明: C:\Users\Aiko\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.Word\alex-beresford.jpg Dr Alex Beresford
リーズ大学 政治・国際関係学部(POLIS)アフリカ開発政治学講師。 南アフリカ政治、労働国際政治経済、人民主義、南アフリカの外交政策を専門とする。Critical African Studies、Review of African Political Economy、Journal of Southern African Studiesなどのジャーナルの編集を務める。

 


“China, human rights and development in Africa”
China has become a major player in the African continent and its quest for resources, markets and allies has profoundly altered the politics of many African states. The lecture will assess the reasons behind China’s re-engagement with Africa and what implications this has for human rights, development and democratisation in Africa.

第4回 「障害学」 10月17日(金)- オンライン

説明: http://www.sociology.leeds.ac.uk/assets/images/people/staff/alison-sheldon.jpg Dr Alison Sheldon
リーズ大学社会学・社会政策学部、障害学研究所ディレクター。MA Disability Studies関連のプログラムディレクターを務め、障害とテクノロジー、障害とフェミニズム、高等教育と障害グローバルな観点における障害の分野で研究に携わる。BritishテレコムやHigher Education Funding Council for Englandなど、様々な団体との共同研究に携わる。


“Disability and Global Development”
This lecture will explore the way in which disability is created in the context of development and the extent to which the prevalence and pattern of impairments is a function of poverty, with attention given to the ways in which impairments are perceived and responded to across specific cultural contexts. Models and definitions of disability which underlie policy and practice will be critically reviewed, with particular reference to definitions developed by the WHO and organisations of disabled people. The impact of policy and the contribution of donors, INGOs and organisations of disabled people will be addressed. 

第5回 「開発と教育」 10月24日(金)【東京のみ対面/大阪のみオンライン】

説明: http://www.polis.leeds.ac.uk/assets/images/staff/carolinedyer.jpg Dr Caroline Dyer
リーズ大学 政治・国際関係学部(POLIS)開発と教育准教授。移動民族や働く子供の教育参加(Inclusion)や、教育・社会正義・社会的発展の相互関係の研究に携わる。British Association for International and Comparative Educationの議長を務める。


“Inequalities and education in development”
In development discourses, education is widely acknowledged to be critical to human flourishing. Education is a basic human right, and its importance is further marked by the global pledge to Education For All by 2015. That deadline is now very close, and although more children are attending school than ever before, many of those schools are of such poor quality that a ‘crisis of learning’ is being claimed. At the same time, millions more children miss out altogether on any opportunity to go to school. After reviewing the evidence on these global trends, the lecture will suggest that these patterns of education deprivation are not random. Rather, they mirror those very existing inequalities of gender, poverty, location and mobility that education is supposed to tackle. They are reflections of education’s inherently contradictory role in development: as a means of tackling social inequalities and also, simultaneously, a means of reproducing and sustaining them. We will examine key theories that help us to analyse the resulting challenges, both generally, and in the specific country contexts of India, Afghanistan, Kenya, Indonesia and South Africa. As the world debates the post 2015 agenda, in the final part of the lecture, we will ask what needs to be done to tackle inequalities that have characterised progress over the last two decades; and the implications for how we think about ‘education’ and its role in human development.



現在開講中につき、1回からの聴講については、お問い合わせください



海外大学の国際開発学 短期特別プログラム受講体験談


beo(ビーイーオー)では、これまでにも、海外大学と共同で、日本で受講できる短期プログラムを開講してきました。
その中で、「国際関係学」のコースを受講した方の感想です。


英語力に不安がある方へ


当プログラムの受講に必要な英語力は、IELTS5.5 / TOEFL iBT68相当です。
英語力に不安がある方は、beoの英語学習カウンセラーにご相談ください。

英語での講義やディスカッションを経験したことがない方は…

 

事前にbeoカレッジの下記英語コース4回以上の受講をおすすめします。

beoカレッジのアカデミック英語コース

東京 大阪
コース名 アカデミック英語 中級 アカデミック英語 初級
開講日程 7~9月開講 毎週土曜 14:00~18:00
※4回から受講可
7~9月開講 毎週土曜 9:00~13:00
※途中入校 応相談

受講料

4回:51,430円(税込) / 8回:102,860円(税込) 受講回数による

教材費

5,400円(税込) 5,430円(税込)

その他の費用

*初回のみ 契約登録料16,200円(税込)がかかります。
*1ヶ月540円(税込)の事務設備管理費がかかります。

英語学習相談、無料レベルチェック、英語コースについての詳細・お問い合わせ