【注目】<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)

当イベントは終了しました。リーズ大学日本事務局beoでは、随時、個別相談会や留学セミナーを開催しています。開催予定の留学イベント一覧
イベント名
<留学フェア関連イベント>大学・大学院留学 体験レクチャー(開発学:リーズ大学)
日程
2018年3月27日(火) 19:30-20:30
対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Dr Yoshiharu Kobayashi, Lecturer in Research Methods, School of Politics and International Studies
内容

School of Politics and International Studies から教員が来日し、開発援助に関する体験レクチャーを、東京にて行います。大阪の方も、ビデオ会議システムを通じてご参加いただけます。

開発学や、国際関係論に興味のある方は勿論、そうでない方も、大学・大学院での実際の授業のイメージを掴んでいただけますので、是非ご参加ください。


【レクチャータイトル】
The Motivations of Foreign Aid

ドナーはなぜ開発途上国への援助をするのか?

 
今日、開発の分野では、日本、イギリス、アメリカなど従来のドナー(援助提供国)に加え、中国、インド、サウジアラビアなども積極的に経済援助を行っています。これらのドナーは、なぜ開発途上国への援助をするのでしょうか。人道的な理由から援助を行っているのか、それとは異なる動機があるのでしょうか。
援助動機は、援助の成果に影響を及ぼすと考えられている一方、直接観察することはできないため、観察可能な行動(例えば援助配分)を基に推論することが、主流のアプローチとなっています。 
この講義では、援助配分から見えるドナーの援助動機について議論し、援助政策の改善へどのような示唆が得られるのかを検討します。


【担当講師】

Dr Yoshiharu Kobayashi, Lecturer in Research Methods, School of Politics and International Studies

2015-07-31 21.36.04 (1)

 

【こんな方におすすめ】

  • 大学・大学院の授業を体験してみたい方
  • 開発学・国際関係の分野に興味をお持ちの方
  • 今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか試してみたい方

 

★留学フェア関連イベントとは?/関連イベントをまとめてチェック!

大学・大学院留学フェア特設サイトはこちら
大学・大学院留学フェア

TOP