英国リーズ大学説明会 ミニキャンパスツアー(安全保障学体験レクチャー付き)【東京】

イベント名
英国リーズ大学説明会 ミニキャンパスツアー(安全保障学体験レクチャー付き)【東京】
日程
2017年12月20日(水) 19:30-21:00
場所

リーズ大学日本事務局 (beo) 東京オフィス

対象
大学・大学院留学希望者
担当官
Professor Edward Newman, Professor of International Security / リーズ大学日本担当 大坪水木
内容

英国イングランド北部に位置する歴史ある伝統校、リーズ大学が日本で説明会を開催します。日本担当スタッフによる写真を多く使った大学説明や、リーズ大学 School of Politics and International Studies 教授の体験レクチャーを通して当大学やイギリス留学の魅力に触れることができます。大学留学、休学・認定留学、大学院留学を検討している方にお勧めのイベントです。

 

【イベント内容】

  • 19.30-20.00 リーズ大学日本担当官による大学説明会
  • 20.00-21.00 リーズ大学安全保障学教授による体験レクチャー

 

【担当官】 

 

130930-newman-edward 

リーズ大学安全保障学教授 エドワード・ニューマン

 

2013年より現職、国際関係論のアカデミック・グループ・リーダーも務める。

東京・国連大学の Peace and Governance プログラムにおける紛争と安全保障学ダイレクター、バーミンガム大学 the Department of Political Science and International Studies の副学部長を歴任。イギリス七大学術委員会のひとつ the Economic and Social Research Council (ESRC) の Grant Assessment Panel を務め(2014-18)、ウォーリック大学 the Centre for the Study of Globalisation and Regionalisation 外部メンバーでもある。

 

専門は国際安全保障学。批判的アプローチと「人間の安全保障」を含む安全保障理論、州内武力衝突、 内戦、干渉と政治的暴力、国際機関と多国間主義、紛争の起こりやすい社会と紛争後の平和構築と平和再建など。

 

2011年から2016年までジャーナル「Civil Wars」の編集者、現在は共同編集者を務める。ジャーナル「International Relations of the Asia Pacific」の創立編集長であり、「Contemporary Politics」編集委員会のメンバー。

 

学部・修士課程で教鞭をとる Professor Edward Newman。本イベントでは、School of Politics and International Studies での実際の授業を体験していただきます。安全保障学は勿論、国際関係論や政治分野での留学にご興味のある方、他の分野での大学・大学院留学にご興味のある方にお勧めのレッスンです。

 

leeds_mizuki_otsubo

リーズ大学日本担当 大坪水木

 

動画や写真を交えて大学・キャンパス施設・設備などを日本語で説明します。留学に興味のある方、これから留学の準備を始めたい、という方はもちろん、すでにリーズ大学に出願した方の進学先決定のための情報収集としてもオススメです。

 

※交換留学に関するお話はできませんのでご了承ください(各提携校との取り決めにより、種々条件が異なるため)

 

【参加者の声】

  • 留学のことをより身近に感じることができた
  • 寮の情報、キャンパスライフ、街の様子、生活費など知ることが出来て非常に役に立った
  • リーズにいった事はないが写真でイメージがよく伝わってイメージがつかみやすかった
  • 実際の大学のレクチャーを体験できてとても良かった
お問合せ
電話(03-5367-3315)またはweb
参加方法

TOP