Translation Studies 日英通訳・翻訳

翻訳研究科(Centre for Translation Studies) | リーズ大学

リーズ大学の翻訳・通訳

リーズ大学のCentre for Translation Studies (CTS)は、知識を生み出し、その発展と普及に励むと同時に、著名な卒業生と研究者を輩出することで、社会的に多大な影響力を有する研究機関です。最先端の研究、ハイクオリティな専門教育、そして関連業界や国際機関との強い連携により、翻訳・翻訳の分野で世界トップレベルの名声を確立しています。

当センターでは、最新の翻訳トレーニング施設とソフトウェア環境を完備し、翻訳家としての就職を見込んだ実践的なコースを開講しています。

Centre for Translation Studies 修士コース

出願について

リーズ大学の修士課程では一般的に、出願時に英語力が足りない場合には他の書類を先に審査し、条件付入学許可(Conditional Offer)を出していますが、Centre for Translation Studiesでは、入学に必要な英語条件を満たしていない出願者に対しては、審査を行っておりません。

リーズ大学で翻訳を勉強されたいという方で、

・現地点で必要な英語力は満たしていないが、先に審査してほしい方

・必要な英語スコアが満たせないので、事前の英語コース(pre-sessional)を経て進学したい方

は、MA Professional Language and Intercultural Studiesへの出願もご検討ください。

Centre for Translation Studiesの所属するSchool of Languages, Cultures and Societies開講の修士コースで、日英・英日翻訳の授業を履修することができます。

School of Languages, Cultures and Societies 概要

Centre for Translation Studiesの所属する、リーズ大学School of Languages, Cultures and Societies(言語・文化・社会学科)は、語学、古代・モダン双方の文化学および社会学、言語学、翻訳、そして映像学の分野でイギリスを牽引する研究・教育機関です。世界中から、2000名以上の大学院生が、様々な分野を学びにきています。

当スクールは、専門ソフトウェアを有するラボ、通訳会議ブース、多岐に渡る一次資料アーカイヴなど、充実した設備を有しています。

TOP