障害学

障害学 | リーズ大学

リーズ大学の障害学

リーズ大学の障害学研究所(Centre for Disability Studies)は、1990年にコリン・バーンズ(Colin Barnes)教授によって設立されてから、英国内外から高く評価されてきました。障害学の分野で世界のリーダー的存在であり、センターには社会学・社会政策学、医学・看護学、心理学、コミュニケーション学、土木建築学、法学部、英文学、教育学、地理学など、様々な学部からスタッフが集まり、障害学を様々な角度から研究しています。イギリス政府やEUからの研究資金支援も多く提供され、世界各地のプロジェクトに参加しています。日本の大学からも様々な研究者が訪れます。最先端の研究は、各コースでの質の高い教育にも反映されています。

障害学 | リーズ大学

School of Sociology and Social Policy 社会学・社会政策学科

障害学研究所の所属する、リーズ大学School of Sociology and Social Policyは、2008年度のRAEでイギリス国内で2番目に高い評価を得ており、政府からの研究資金の提供も多い注目の学科です。ジグムント・バウマンが以前教鞭を取っていたこともあり、2010年にはThe Bauman Instituteという批判理論学の国際拠点が開設されます。ガーディアン紙やタイムズ紙でも社会学と社会政策学の両分野でトップ10位にランクインしており(2007年)、研究とバランスの取れた学科と言えます。

修士課程では、社会学、レイシズム、ダイバーシティ、障害学、ジェンダー学の分野でコースを開講しています。

School of Sociology and Social Policy 修士コース

TOP