出願後・渡英前のサポート

出願後・渡英前のサポート | リーズ大学

当大学では、リーズ大学進学予定の方向けに日本事務局(beo)を通して様々なサポートを行っています。

出願後のサポート

リーズ大学日本事務局であるbeo(ビーイーオー)では、出願後のサポートを行っています。ご自身で出願されている場合でも無料でご利用いただけますので、お気軽にお問合せ下さい。

合否の確認

4月以降は1日でも早く合否を確認し、渡航に向けて準備を行っていく必要がありますが、この時期になると大学も繁忙期となるため、自分自身で問い合わせてもなかなか対応してもらえないことが多々あります。各大学と強いパイプラインを持っている日本事務局のbeoを通すことで、スムーズに結果を知ることができるでしょう。

入学条件の交渉

IELTSの再受験が条件となっている場合、交渉によって事前英語コースで一定以上の成績をとることを条件とした入学許可に変更してもらえる可能性があります。交渉にはコツが必要です。全て日本事務局のbeoにお任せ下さい。

出願後には出願前と異なる新たな問題がでてきます。日本事務局のbeoでは、納得して最終進学先を決めていただくため、カウンセリングで総合的なアドバイスを行っています。

また、日本事務局beoには一年を通して大学スタッフ・講師が来日しており、随時、個別相談会・体験レクチャーを開催しています。来日日程が合わない場合でも、ビデオコンファレンスシステムを使用してリーズ大学スタッフのレクチャーやセミナーを行っています。 大学やコースについてよく知るために、是非ご活用下さい

合格はゴールではなくスタート。卒業するために必要な英語力習得法アドバイス

IELTSスコアアップに悩まれている方、大学・大学院で必要になる英語力(論文作成、リサーチ、プレゼンテーション、ディスカッションの能力など)を身につけたい方など、留学に必要な英語を身につけたい方はお気軽にbeoにご相談下さい。英語学習専門スタッフが対応させていただきます。

渡航前のサポート

当大学ではリーズ大学進学予定の方向けに日本事務局(beo)を通して渡航前のサポートを行っています。

出発前オリエンテーションの開催

毎年6月に、東京と大阪にてリーズ大学進学予定者を対象に出発前オリエンテーションを行っています。 進学意思の決定や、大学寮の申し込みなど、渡航前に必要な手続きのおさらいや、渡航後の日程などについて説明します。 

出願後・渡英前のサポート | リーズ大学
出願後・渡英前のサポート | リーズ大学

リーズ大学現地スタッフや、他の進学予定者と交流できる良い機会でもあります。

ビザ申請サポート ~新ポイントシステムで複雑になったビザ申請

日本事務局beoでは、渡航前準備セミナーを随時開催中。セミナーでは、合格してから渡航までに必要な手続き(入学手続き、ビザ申請、勉強・生活に備えての準備)について詳しくご説明しています。特に2009年3月31日にはビザ申請方法が大幅に変更され、個人での申請が大変難しい状況になっています。

TOP