リーズ大学について

リーズ大学とは

歴史としては、19世紀後半から20世紀初頭にかけて産業や工業の近代化を支えるために英国の主要都市に創設された一連の大学の1つです。19世紀に創設されたYorkshire College of Science and TechnologyとLeeds Medical Schoolの2校が合併し1904年に誕生しました。校舎に「赤いレンガ」が使用されたことから、マンチェスター大学やシェフィールド大学と共にリーズ大学はRed Bricks の愛称で知られるようになりました。

リーズ大学のキャンパスは、ロンドンから電車で2時間のリーズの街の中心地から徒歩で10分ほどの場所にあります。

リーズ大学学長
Sir Alan Langlands

TOP